葬儀後の遺品整理は大切丁寧に〜安心お任せ隊〜

Religion the deceased

サービスの流れ

「故人の遺品が大量にあって処理しきれない」「遠方に住んでいるので都合がつかない」「賃貸住宅なので早期に明け渡さなければならない」など、遺品整理サービスを利用する動機はさまざまです。最近では老人ホームへ入所する前に自分で家財道具を処分したり、生きているうちに遺品整理を予約したりする人も増えています。 遺品整理サービスを専門にしている業者は、ネット上でも多数見かけます。まずは電話やメールで簡単な見積りをもらい、次に現場で訪問見積りを出してもらいましょう。金額が不満なときのために、複数の業者から見積りを取るのも良いでしょう。納得できたら契約し、実際の作業という流れになります。形見分けの品などがあれば、作業の後に受け取れます。

遺品が多すぎるとき、素人が身内だけで整理するのは、時間的にも労力的にも困難です。大型の家具などは運び出すのも大変ですし、いちいち行政に依頼しなければ処分もままなりません。家電製品はリサイクル法に従う必要があります。また遺品が片付いても、後の掃除が必要になります。親しい人が亡くなった場合は、精神的にも遺品整理は難しいでしょう。 このような作業を一手に引き受けてくれるのが遺品整理サービスです。大型の不用品でもプロが手早く処理するため、特に忙しい人や高齢者には大きなメリットがあります。さらに良心的な業者なら、家具や家電をゴミとして処分せず、売れるものは中古品として売ってくれます。そのため本来なら出費になるところが、収入になる場合もあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加