葬儀後の遺品整理は大切丁寧に〜安心お任せ隊〜

Religion the deceased

数珠製作へ

一家を代表する人間としてお参り

お参りをする際に大切な役割を果たすからこそ、自分だけの特別なアイテムとして手に入れておく価値があるのです。家族を持って一家の大黒柱になる男性としては、高齢に近付くにつれてその威厳を表したいものです。その品格を表現するならば、木製で出来た製品を手に取るとイメージが大きく変えられます。周りの家族が実に付けているものと少し違う、高級なものを身にまとう事で、自分の存在価値をアピールさせられます。親族を代表したり、責任ある立場にいる人間としてお参りしやすいように製作も進んで行くでしょう。

手首周りのサイズと球の数に注意

数珠を借りたり購入する際に気を付けたいのが、サイズ感です。大きさと言っても中々見当がつかず、数字で表されてもピンと来ないのが普通です。しかし、この大きさを間違えて頼んでしまうと不格好になってしまい、不快なイメージを与える事にも繋がります。一つのアクセサリーとしての認識を持つ事も重要ですから、サイズは間違いのないように確認しておいて下さい。まず、自分の手首の回りのサイズを測ってみましょう。そのサイズをcm単位でお店の方に伝えれば、それを参考にして余裕を持った作りに仕上げてもらえます。どのくらいが適切な空間なのかまで考える必要はありませんので、まずは測定をしてみましょう。それから数珠のサイズが決まり、注文を検討する流れになっています。今後の参考のためにも、玉の数は覚えておくとよいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加